無修正アダルト動画でGスポットの真髄に迫る!

※当サイトは未成年者の閲覧を固く禁止します。18歳未満の方は退室をお願いします。
さらに読み込む
Gスポットとは一体なんなのか。
良く聞くワードの割には大してその実態を知らない人がほとんどなのではないだろうか?
またどこにあるかを知っていてもその本当の役割を知らない人もいるのではないだろうか?
そもそもGスポットとはなんなのかと言う事を説明しておきたい。
まずGスポットの位置である。
Gスポットは恥骨の下に位置する場所にある。
一つだけに先に伝えておきたいのが、女性なら誰にでも存在するものではないと言う事を知っておいてもらいたい。
大体10人に1人の割り合いだと研究では発表されている。
このGスポット…刺激をするとどうなるのかを教えておこう。
人ではなくチンパンジーを使って研究された結果があるのだが、ここで紹介しておく。
チンパンジー場合、この部位に刺激を受けるとわずか5秒後に子宮の収縮が起こりその収縮は1分程続く…
と研究の結果が出ている。
子宮に精子が届きやすくなるようになるのだ。
この子宮の縮収縮と言うのはまさに人間の女性で言うところの、
オルガズム…つまり「イク」と言う絶頂を感じる瞬間の事なのである。
察して頂きたいのは、この子宮の収縮で起こるオルガズムこそ、
Gスポットの刺激によって起こる、女性にとって最高の瞬間なのだ。
そしてこれは男性にも影響を与える。
子宮が収縮するわけだから、膣内の奥の部分が締まってくる
…締まってくると言う事はそれだけ圧迫感が与えられるので、
ピストン運動をする際に男性側は必要以上の快楽を得る事が出来る。
お互いに気持ち良くなる瞬間こそまさに、「Gスポットを刺激した時」なのだ。
これは基本的に体位を後ろから覆いかぶさるようにして行為をしてる時…
すなわちバックからセックスをしてる時が一番効果的だとされている。
ただし、男性器の形にもよってそれは異なる。
男性器が上反りなのか、真っ直ぐなのか…それによっても女性のGスポットを刺激する体位が変わってくるのだ。
そこら辺はパートナーとよく試してみてもらいたい。
ただ最初の方にも伝えたように、Gスポットは全ての女性に存在するわけではないので、
そこも踏まえた上で確認をしてみよう。
Gスポットがないからって、別のパートナーを探す…等と言うような身勝手な事をしたりはしないようにしよう。
Gスポットがなくても女性はオルガズムを感じる事はいくらでも出来るし、
膣を収縮する方法はいくらでもあるのだから。
要するに、セックスを気持ち良く楽しむ事が出来るのであれば、
Gスポットがあるのかないのかはさほど問題ではないのである。